HOME > 医療トピックス[長野県版] > 第65回日本病院学会、6月に軽井沢で 学会長は相澤孝夫氏

医療トピックス[長野県版]

第65回日本病院学会、6月に軽井沢で 学会長は相澤孝夫氏

医療タイムス 長野県版  
お知らせ
 相澤病院の相澤孝夫院長が学会長を務める「第65回日本病院学会」が、6月18日(木)、19日(金)の2日間、軽井沢町の軽井沢プリンスホテルウエストで開かれる。例年は、病院のマネジメントや経営改善が中心となるが、今年は、2025年やその先の医療需要の変化を見据え、「まちづくり」や「地域」にも焦点を当てたプログラム構成となっている。
 今年の学会テーマは、「日本における医療改革のあるべき姿 地域で治し・支える新しい医療」。相澤学会長は「医療に限らず、社会そのものが変化していく中で、日本の医療は抜本的なパラダイムシフトが必要。社会や地域を支えるという視点も含めて、今後の医療の在り方を考えてみたい」とテーマの趣旨を話す。
 学会は18日午前9時に開会し、学会長、日本病院会長、日本医師会長それぞれの講演、杏林大外国語学部の金田一秀穂教授による「心にそぐう言葉たち」と題した特別講演と続く。午後からシンポジウムが始まり、学会テーマに沿って議論を深めていく。(2015.3.5)
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る